Privacy Policy

カラオケアプリ:everysing Privacy Policy

個人情報の処理方針

(株)エブリシングジャパン(以下「会社」といいます)は、情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律、個人情報保護法など関連法令上の個人情報保護規定を遵守し、以下のように個人情報の処理方針を定め、利用者の権益を保護しています。

1.収集する個人情報項目及び収集方法

(ア)収集する個人情報の項目 当社は、会員登録時、またはサービス利用の過程で以下のような個人情報を収集しています。

(1)登録段階

(a)一般会員 – 必須項目:ID(メールアドレス)、パスワード、氏名、生年月日(iOSユーザーの場合は、選択収集)、性別、本人確認の値(CI、DI)、Apple ID(Appleアカウントにログインしているユーザーの場合)

(b)14歳未満の未成年者の会員 – 必須項目:ID(メールアドレス)、パスワード、氏名、生年月日、性別、本人確認の値(CI、DI)、法定代理人情報(名前、認証番号、電子メール)

(c)海外の外国人会員

– 必須項目:ID(メールアドレス)、パスワード、名前

– 選択項目:ニックネーム、生年月日、性別

(2)決済段階

(a)有料サービス利用時のお支払い方法の種類に応じて、以下の情報が収集されます。

– クレジットカード決済時:(必須項目)カード会社、カード番号など

– 携帯電話決済時:(必須項目)携帯電話番号、キャリア、決済承認番号など

– 口座振替時:(必須項目)銀行名、口座番号など

– バウチャー利用時:(必須項目)ギフト券番号など

(3)認証段階

(a)本人確認時 サービス提供のための場合は、法定代理人の同意が必要な場合や関係法令遵守のために本人確認が必要な場合は、名前、生年月日、性別、内/外国人、携帯電話番号、キャリア情報、本人確認の値(CI、DI)この収集されます。

(4)その他の手続き上の個人情報の収集項目

サービス利用の過程で以下のような情報が自動的に生成され、収集されます。

–  IPアドレス、Cookie、訪問日時、サービス利用記録、不正利用記録、端末のモデル、OSのバージョン、機器固有の番号、ファームウェアのバージョン

(5)オプション個人情報の収集項目

利用者に、より特化したサービスを提供するため、最小限の情報(選択情報)を追加収集する場合があります。ただし、選択情報を入力していない場合でも、サービス利用に関して制限はありません。 ID(メールアドレス)を利用したイベント応募の過程では、サービスの利用者(別途同意した会員)に限り、以下のような情報が収集されます。

– 選択項目:ユーザー名(メール)は、携帯電話番号、住所、氏名、連絡先

(イ)会社は、次のような方法で個人情報を収集します。 :会員登録すると、オーディション応募、イベントへの参加、発送依頼などの事由発生時のサービスアプリやサービスのウェブサイトを通じた収集、作成、情報収集ツールを使用した情報は、書面、ファックス、電話、相談掲示板、電子メールを介して収集

(ウ)固有の識別情報の処理 会社は、次のような方法で個人情報を収集します。

– 固有の識別情報とは、個人情報保護法第24条第1項及び個人情報保護法施行令第19条上では、「大統領令で定める情報」であり、住民登録番号、パスポート番号、運転免許証番号、外国人登録番号を指します。

– 会社は、以下の各号の用途に固有の識別情報を収集して処理しています。

*取引と決済サービスを使用するための義務遵守

– 収集された固有の識別情報は、個人情報保護法およびその他の法律で規定している場合を除いては、個人情報の収集目的以外の用途に使用∙提供されず、暗号化されて安全に管理されています。

2.個人情報の収集及び利用目的

会社は利用者の個人情報を以下の目的に限って利用しています。

(ア)サービス提供に関する契約履行およびサービスまたは財提供による料金精算 :コンテンツ提供、購買、料金決済、物品配送または請求書などの発送、本人認証

(イ)会員管理 :会員制サービス利用による本人確認、個人識別、利用規約への違反会員の利用制限措置、悪質会員の不正利用防止と不正使用防止、加入意思の確認、満14歳未満の児童の個人情報を収集する際、法定代理人に同意するかどうか確認、19歳未満の未成年者の決済進行時法定代理人同意するかどうかを確認し、クレーム処理などの請願処理、今後法定代理人の権利行使時の本人確認、今後紛争調整のための記録保存、告知事項伝達、会員退会意志の確認

(ウ)新規サービスの開発、マーケティング、広告への活用 :新規サービス(製品)の開発と特化、イベントなど広告性情報伝達、統計学的特性に応じたサービスの提供と広告掲載、接続頻度の把握、サービス利用に関する統計

3.SNS連動によって収集する個人情報の項目、収集方法および利用目的

会社が提供するサービスに利用者がSNS(ソーシャルネットワークサービス)のSign in機能を使用してログインしている場合は、会社は以下のように利用者の個人情報を収集し、これを活用しています。

(ア)同社はSNSによって公開された利用者の情報を利用者のサービス利用便宜向上と、上記「2.個人情報の収集及び利用目的」に記載されたような目的のために収集することができます。

(イ)SNS:Facebook、Google+、カカオトーク、SMTOWN

(ウ)収集項目:名前、SNS ID、プロフィール写真や画像のURL、SNSの友達リスト、生年月日、性別

(エ)収集方法:SNSを介して利用者が公開した情報に限って収集

(オ)利用者は、(c)に記載された情報を会社のサービスを利用するにも使用することができ、会社は、上記の情報を加護に記載され目的のために使用することができます。

4.収集した個人情報の共有及び提供

①会社は利用者の個人情報を、原則として外部に提供しません。ただし、以下の場合は例外とします。

(ア)利用者が事前に同意した場合

(イ)法令の規定に基づき、または捜査目的で法令に定められた手続きと方法により捜査機関の要求がある場合

②会社のサービス内の連携コンテストなどの第三者との協業を通じて進行されるサービスは、円満なサービスを提供するために第三者に会員の個人情報を提供することができます。会社が利用者の個人情報を第三者に提供する場合、個人情報の提供を受ける者、提供を受ける者の個人情報の利用目的、提供する個人情報の項目、個人情報の提供を受ける者の個人情報保有及び利用期間を知らせ、同意を求める手続きを経ております。

5.個人情報の保有及び利用期間(大韓民国 基準)2020.2.17時点

同社は、原則的に個人情報収集及び利用目的が達成された後は、その情報を遅滞なく破棄します。ただし、関係法令の規定によって保存する必要がある場合、会社は、下記のように「電子商取引等での消費者保護に関する法律、 ”電子金融取引法」、「通信秘密保護法」などで定められた一定期間会員情報を保管します。

①関連法令の基準に基づいて別途保管する場合

(ア)表示/広告に関する記録:6ヶ月(電子商取引などの消費者保護に関する法律)

(イ)契約または請約撤回などに関する記録:5年(電子商取引などの消費者保護に関する法律)

(ウ)代金決済及び財貨などの供給に関する記録:5年(電子商取引などの消費者保護に関する法律)

(エ)消費者の不満または紛争処理に関する記録:3年(電子商取引などの消費者保護に関する法律)

(オ)ウェブサイトの訪問記録:3ヶ月(通信秘密保護法施行令)

6.個人情報の破棄手続き及び方法

同社は、原則的に個人情報収集及び利用目的が達成された後は、その情報を次のように遅滞なく破棄します。

(ア) 破棄手続き:会社が収集した情報は、目的が達成された後、 「6.個人情報の保有及び利用期間」に記載されている場合以外は破棄されます。

(イ)破棄方法1.紙に出力された個人情報は、シュレッダーで粉砕、焼却を通じて破棄 、2.電子ファイルの形で保存された個人情報は記録を再生することができない技術的方法を使用して削除します。

(ウ)個人情報の有効期間制(休眠アカウントポリシー)

1.1年間のサービス利用記録がない休眠状態のサービス利用者の個人情報は、利用者の個人情報と分離して別々に保存および管理されます。ただし、休眠状態のサービス利用者の要請がある場合、サービスの利用を再開する時に再度個人情報が提供されます。

2.会社は休眠アカウントに切り替えた時点を基準として、30日以前にその内容についてメールなどの方法で利用者に通知します。

3.分離保管された個人情報は、他の法令に特別な規定がある場合を除いては、当該個人情報を利用または提供しません。また、分離保管された個人情報は、関連法令で明示している一定期間経過時、遅滞なく破棄され、破棄時点を基準に30日前にその内容についてメールなどの方法で利用者に通知します。

7.利用者及び法定代理人の権利とその行使方法

①利用者及び法定代理人は、いつでもサービスに登録されている自分、あるいは当該満14歳未満の児童の個人情報を照会、変更することができ、企業の個人情報の処理に同意しない場合、同意を拒否、加入解約(退会)を求めることができます。ただし、そのような場合は、サービスの一部または全部の利用が制限される場合があります。

②利用者あるいは満14歳未満の児童の個人情報照会、修正のためには、「設定」

– 「アカウントの設定」を、加入解約(同意撤回)のためには「エブリシング退会」を選択して、本人確認の手続きを経て、直接閲覧、訂正または退会が可能です。あるいは、個人情報管理責任者に連絡すると、遅滞なく措置します。個人情報のエラーの訂正を要求された場合には、訂正を完了するまで、その個人情報を利用または提供しません。また、誤って個人情報を第三者に既に提供した場合には、訂正処理の結果を第3者に遅滞なく通知して訂正が行われるようにします。

③会社は、利用者もしくは法定代理人の要請によって解約または削除された個人情報は、「6。個人情報の保有及び利用期間」に記載通りに処理し、それ以外の用途で閲覧または利用できないように処理しています。

8.個人情報の自動収集装置の設置、運営及びその拒否に関する事項

会社は利用者に特化したカスタマイズサービスを提供するために、利用者の情報を保存し、随時読み込む「Cookie」を使用します。Cookieは、ウェブサイトを運営するのに利用されるサーバーは、ユーザーのブラウザに送信され、非常に小さなテキストファイルで、利用者の端末に保存されます。

(ア)会社のCookie使用目的 利用者が訪問した会社の各サービスとWebサイトへの訪問及び利用形態、人気検索語、セキュリティ、アクセスするかどうか、利用者の規模などを把握して利用者に広告を含む最適化されたカスタム情報を提供するために使用します。

(イ)Cookieのインストール/操作と拒否 利用者は、Cookieの設置に対する選択権を持っています。したがって、利用者は、Webブラウザでオプションを設定することにより、すべてのCookieを許可したり、Cookieが保存されるたびに確認を経たり、あるいはすべてのCookieの保存を拒否することもできます。 ただし、Cookieの保存を拒否した場合には、ログインが必要なサービスやウェブサイトの一部のサービスは、利用が制限される場合があります。

(ウ)Cookieの設置を許可するかどうかを指定する方法

    1. Internet Explorerの場合

 –  [ツール]メニューの[インターネットオプション]を選択します。

–  [プライバシー]タブ]をクリックします。

–  [個人情報の取扱いレベル]を設定してください。

    1. Chromeの場合

 –  [設定]メニューから[詳細設定を表示]を選択します。

–  [個人情報]メニューから[コンテンツの設定]を選択します。

–  [Cookie]の項目でCookieの設定を変更します。

9.アプリサービス利用者のスマートフォン内の情報と機能へのアクセスに関する事項

同社は、利用者に事前に告知して同意を得て、以下の情報を収集することができます。利用者は、オプションのアクセス権限項目に限っては、収集に同意しないことがあり、同意をしていなくても、サービスの提供を受けることができます

① 必要アクセス権限

(ア)アクセス権が必要な情報と機能の項目:カメラ、マイク、写真

(イ)その情報と機能へのアクセスが必要な理由:録画映像のカバーとプロフィール画像に使用され、歌録画/録音時のオーディオの使用、録画映像のカバーとプロフィール写真を変更する際の画像ファイルを添付

②オプションアクセス権限

(ア)アクセス権が必要な情報と機能の項目:ファイルの保存スペース、位置情報は、Bluetooth

(イ)その情報と機能へのアクセスが必要な理由:レコーディング映像の一時保存、国家別のイベントと著作権精算情報の収集、記録/録画、ポスティング再生時のアプリと連動されているマイク、スピーカーなどを接続 オプションアクセス権限項目は、収集に同意しなくてもサービス利用が可能です。

スマートフォン上でアプリを削除しても、利用者の会員アカウントは維持されるため、会員退会を希望される場合、モバイルアプリケーション内の「エブリシング退会」機能を利用するか、サポートメール(support@everysing.com)に連絡してください。

10.個人情報の技術的/管理的保護対策

(ア)会社は利用者の個人情報を処理する場合において、個人情報が紛失、盗難、流出、変造または毀損されないように安全性確保のために、以下のような技術的/管理的保護対策を用意しています。

個人情報保護の専門組織

1.当社は、利用者の個人情報を安全に保護するための技術的、管理的保護措置の活動を行うために、個人情報保護の専門組織を構成しています。

2.会社は、定期的な内部監査を通じて、個人情報保護に関連する様々なリスクを定期的に点検し、改善実施しています。

(ア)個人情報の暗号化

1.利用者のパスワードは、一方向暗号化され、本人のみが知ることができます。 2.重要なデータは、ファイルや転送データを暗号化、ファイルロック機能を使用するなどの別途セキュリティ機能を使用しています。

(イ)ハッキングなどの対策 1.会社は、ハッキングやコンピュータウイルスなどによって会員の個人情報が流出、毀損されることを防ぐために最善を尽くしています。

2.会社は、最新のセキュリティプログラムをインストールして、周期的な更新、点検をして、外部からの不正なアクセスを制御しており、他のシステムのセキュリティ性を確保するためのすべての技術的装置を整えよう努力しています。

(エ)個人情報の取り扱いスタッフ最小化と継続教育

(1).当社は、個人情報を取り扱う従業員を対象に継続的に認識改善教育を進めています。

(2).会社の個人情報管理の従業員は、最小限の人員に限定させており、その権限は適切な手順に基づいて、最小限の権限が付与されています。

3.当社は、個人情報の安全な管理のために、システムに接続する人材のアカウントのパスワードを定期的に更新しています。

4.会社は担当者の教育を通じて、個人情報保護関連法令及び個人情報の処理方針の遵守を常に強調しています。

11.個人情報に関する苦情サービス

会社は利用者の個人情報を保護し、個人情報と関連した苦情を処理するために以下のように責任者と関連部門を指定しています。

(ア)個人情報管理責任者

(株)Dear U – 韓国 – 氏名:チャン・ソンミン

– 役職:取締役

– 役職:CTO

– お問い合わせ:support@everysing.com

(イ)個人情報管理担当者 – 部署名:サービス運営チーム

– お問い合わせ先(国際電話:韓国語のみ):+82 70-4370-7576

(非対応時間:営業日12:00〜13:00)

– 電子メール:support@everysing.com

その他の個人情報侵害に対する申告や相談が必要な場合には、下記の機関にお問い合わせください。

日本の個人情報に関連する機関

– 個人情報保護委員会(https://www.ppc.go.jp/)

– サイバーポリスエージェンシー(警察庁)(https://www.npa.go.jp/cybersecurity/index.html)

– 国民生活センター(http://www.kokusen.go.jp/index.html)

12.告知の義務

この個人情報の処理方針は、施行日から適用され、法令及び方針に沿って変更の追加、削除、および訂正がある場合には、変更の実施7日前からお知らせを通じて告知します。ただし、個人情報の収集と活用などにおいて会員の権利の重要な変更があった場合には、少なくとも30日前までにお知らせします。

公告日

2014年 10月 3日

2020年  2月10日

施行日

2014年 10月 3日

2020年  2月17日

ツールバーへスキップ